しわの解消のためにヒアルロン酸注入を受けた体験

カウンセリングで説明を聞きヒアルロン酸を注入

対応してくれた医師にほうれい線が気になると伝えると、ほうれい線は頬のハリを保つヒアルロン酸が不足することで生じると説明されました。
ハリが失われることで周囲の皮膚が垂れ下がり、ほうれい線が深くなるというのです。
そこで、ヒアルロン酸注入を行うことで皮膚の凹みを改善することができるとのことです。
また、ヒアルロン酸は体内にもともとある成分なので、外部から注入しても副作用がなく安全だと言われました。
その他にも、カウンセリングでは注射をする位置、ヒアルロン酸の種類や効果の持続期間、値段などを詳細に説明してくれたのです。
先生はこちらの疑問にもわかりやすく答えてくれて信頼できたので、思い切って施術をお願いすることにしました。

顎と唇にヒアルロン酸注入したい

— kaoti (@kaoti11) April 23, 2020
ヒアルロン酸注入の手順ですが、まず顔のメイクを落とすように指示されました。
その後、ヒアルロン酸注入の際に痛みを感じないように麻酔を打ってもらったのですが、その注射が痛かったです。
麻酔が効き始めたら、いよいよヒアルロン酸を入れていきます。
顔に注射を打つことになるので多少の痛みは覚悟していましたが、全く痛みはなかったです。
ただ粘度のある製剤を入れられているという不思議な感覚があっただけです。
先生はテンポよくヒアルロン酸を注入していったので、施術は10分ほどであっという間に終わりました。

ほうれい線をケアするも薄くならず美容クリニックへ : カウンセリングで説明を聞きヒアルロン酸を注入 : ヒアルロン酸の注射はダウンタイムも無く仕上がりが自然

ヒアルロン酸注入 / ヒアルロン酸注入クリニック